2020年01月23日

ディスク型のタッチペン

200122pen01.jpg

スマホアプリの記事で買ったとだけ言っていたディスク型のタッチペン&元々持っていたペンの話を。
慣れればスマホでスケッチが出来る。

→記事を読む

MEKO スタイラスタッチペン2本 +交換用ペン先6個


posted by ナッチェ at 00:43| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

お世話になっているスマホアプリ(2020)

今の機種になってよく使っているアプリなど。大半がフリーでAndroid版の物になります。

20200113-230458.jpg

→記事を読む
posted by ナッチェ at 00:46| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

miband3しばらく使っての感想

少し下にmi band3買った記事を書いてからある程度使い続けた印象とか。

実際使ってからコレの強みを最も感じたのが一般的な時計より優れた防水機能かもしれない。
自分は風呂やシャワーの時は必ず時計は腕から外しており(バンド洗わないとかぶれるから)、
先日うっかり外した時計を気付かず洗濯物と一緒にネットへ入れて洗濯機へかけてしまったのだが、

洗濯物取り出してこの時計が入っていた事にも驚いたものの、
それ以上に傷1つ付かず何事も無かったように普通に動いている状況にビックリした。
ネットへ入れたぶん外から受ける衝撃が少なかったのも幸いしていたかもしれないが。

バッテリーのほうは1度充電しておけば今でも半月は保つ。
ただ心拍数の自動記録をonにしているとバッテリーの減りが早まるから、
時間と歩数が解ればいい程度の自分は自動記録を切っている。

通知は歩数の目標数値が達成されれば歩きながらでも判るぐらいにはバイブレーションが作動してくれる。
LINEや天気などは何文字か最初のテキスト入りで通知が来る。通知についてはアプリでの事前設定が必要。

アプリのほうは純正のMi FitとMiband Master(MBM)有料版を使っていて、
普段の記録はMBMのがやりやすくファームウェアの更新などでMi Fitを使っている。
同期はバージョンアップしたMi Fitのが速い。

今夏の一番暑い時期は汗でかぶれてしまうの家では外していたら
何に反応したのか身に付けていない時間帯の睡眠時間が記録されていたのは不思議だった。

替えバンドは純正の色違いを買ってたまに替えている。純正だとはめ込み口が伸びにくくよく保ってるほうかも。

4が出てカラーになり、フェイスやAndroidスマホの音楽コントローラー対応になったので
シンプルに使えて4より安く買える3とどちらが良いかはお好みで良いかも。(日本語の対応は今のところ3が上)

Xiaomi Mi Band 4 グローバル版


posted by ナッチェ at 01:47| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

mi band3

今はそれなりに歩く仕事しているのもあって万歩計の付いた職場でも浮かないスマートウォッチかスマートブレスレットが欲しいといろいろ漁り、
AppleWatchやガーミンクラスが欲しいわけでは無いから血圧も計れる中華系でいいかなと思いつつ
注文したのは日本語対応になったXiaomiのmi band3。

P_20190223_234445_SRES.jpg

Xiaomi Mi band 3 小米(シャオミ) スマートブレスレット


デザインは表面がスッキリしている2のほうが好きだが機能の上がっている新しいほうを選択。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 2 | Xiaomi (小米 シャオミ)


買うまではこの辺とだいぶ迷っていた。画面がカラーで見やすそうだしスキンも多く変えられるから。

itDEAL スマートブレスレット日本語対応


Semiro スマートウォッチ 日本語対応 3色交換用ベルト付


レビューを見ていると安価モデルに血圧計入れてるのは技適通ってないのが多く信憑性にも欠けるのと、
バッテリー保ちが良い(1回の充電で平均20〜30日)、複数のアプリに対応している、
中華系ではHuaweiに次ぐ大手なのもあり替えバンドの入手が楽な理由からmi bandを選択。

装着した感じは軽くて違和感少ないのが寝ている間も着けるには良い。
自分の場合は革と金属で被れるから素材がシリコンとプラなのも手入れが簡単で助かる。
本体が充電のたび外す必要あるが、少し外しにくいから引っ張って下から落とすようにすれば楽かもしれない。
バッテリーは通知機能を切ってるのもあり、最初のフル充電から1ヶ月ぐらい保ってた。

防水機能については皮膚が過敏な自分は入浴で外してしまうが、防水の仕様が類似品より高いだけありシャワーぐらいは余裕な報告を多く見る。
温泉は普通のお湯と成分が違うので、入浴剤が入った湯船も含めて着けたまま入るのはオススメ出来ない。

充電は専用ケーブルが入っており、PCのUSBプラグかUSB電源アダプターへ挿して充電する形になる。
充電を終わらせて使うには対応しているFitアプリ(MiFitなど)での同期が必要になり、
最初に数回ファームウェアのアップデートが入るから初回起動は時間の余裕が要るかも。
(同期が終わるまでスマホを傍に置いておく必要があるから)

アプリはMiFit(Android/iOS)とMiBandMaster(MBMのPro)と併用で、腕に着けて測ってみると睡眠で特にアプリごとでズレがある模様。
昼寝も計測出来る意味ではMBMのほうが正確なのか?こちらのが細かく記録されていた(MiFitでは記録されない時がある)。
MiFitはプロフのアイコンからアプリ通知、アラームなどの設定が行えるが少し分かりづらい印象がある。
(通知とアラームは圧倒的にMBMのが設定しやすく、日本語にも大体対応しており280円で広告取っ払う価値はある)

公式のMiFitを使うには必ず計測データ共有するための専用アカウントが必要になるので、
他のアカウント(Google、FB等)でログインか新規作成が嫌ならMiBandMasterやGoogleFitなど別の対応アプリを使う形になる。

歩数計についてはアクティブトラッカー全般に言えるらしいが反応が敏感な時がある。
心拍数はまあまあ細かく計測してくれているから正確なほうに感じた。

天気はアプリ上で1回GPSオンにしとけば地方指定してくれるから、それで同期すれば3日分の予報と気温を伝えてくれるようになる。
日本語対応だと「曇りのち晴れ」なども中国語が混じっていなくて見やすい。
ストップウォッチ、スマホ探索、画面切り替え、工場出荷リセットなどは「その他画面」を横にスライドで出てくる。
GmailやLINEなどの通知が欲しい人はアプリ側で通知機能をオンにしておく必要がある。

日本で販売されていない中国のNFCモデルは国内の決済に対応していないので、輸入してまで買う必要は無いように感じる。

標準のシリコンバンドは私の腕だと一番狭い穴がギリ閉まるぐらいで、交換用と買う時にサイズがある物なら女性の腕にはMサイズが良いかもしれない。
純正品は国内で買うと下(私物)のように、パケに日本語の保証書入ってる場合がある。
201903S.jpg

(純正)Xiaomi スマートウォッチ Mi Band 3 Strap 専用交換バンド(3色)


Xiaomi Mi Band 3 ベルト 交換用 シリコン製(11色)


もっと高級感あるのが良い場合は革や金属の物もある。

  

傷が気になる人は保護シートも専用の物がある。

Xiaomi Mi Band 3 液晶保護フィルム【3枚入り】


ラベル:Mi Band
posted by ナッチェ at 02:51| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

ASUS Zenfone 2Laserから3Maxへ

Zenfone2Laserが2年手前になってタッチセンサーがもうヘタれてきたのと容量が厳しくなったところで、無印4買うか考えたなか3Maxの5.5インチを購入。
ピンク本体はサイトにあるサンプル写真だとプラスチックっぽいパリッとした色合いに見えたが、実物は大人向けのパールピンクで好みの色だった。
海外スマホは何があるか分からないのとプロバイダー経由で買っているのもあり今回はオプション保証にも加入した。

P_20171113_141132.jpg

ASUS ZenFone3 MAX (ピンク/5.5インチ)ZC553KL-PK32S3/A
ASUS ZenFone3 MAX SIMフリー スマートフォン (ピンク/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/3GB/32GB/4100mAh) ZC553KL-PK32S3/A

5.2から5.5へ大きくなったものの本体サイズが少し重くなった程度でほぼ変わらず、5インチ超えの感覚に馴れたのか小さい手でも大きすぎて困るってほどでもなかった。
カバーと液晶フィルムは要ると思い購入決めてすぐに頼んだ。フィルムはずっとノングレア使用。

ASUS ZenFone3 Max(ZC553KL/5.5インチ)専用 クリアTPUソフトケース(高透明/高耐衝撃)
【 shizuka-will- 】 ASUS ZenFone3 Max ( ZC553KL / 5.5インチ ) 専用 クリア ケース カバー TPU ケース ソフト ケース ( 高透明 / 高耐衝撃 ) ZenFone 3 Maxケース ZC553KLケース (ZenFone 3 Max (ZC553KL), クリア)

アスデック ASUS ZenFone 3 Max (5.5型モデル)ZC553KL用フィルム ノングレア
アスデック ASUS ZenFone 3 Max (5.5型モデル) ZC553KL 用 フィルム アスデック【ノングレアフィルム3】 ・防指紋・気泡消失・映り込み防止・アンチグレア・日本製 NGB-ZC553KL (Max 5.5 , マットフィルム)

最初NFCセンサーが欲しくて同じASUSで新しく買うなら3よりカメラ性能が良く不具合報告も少ない4にしようと決めていたが、
急ぎで必要な機能では無いしサブで国内機種買うかもしれないからそこそこの性能で値段も安くバッテリー保ちが良い機種を選んだ。
2LaserがマイクロSIMだったからサイズ変更せずそのまま使えるのは助かる。マイクロSDカードも一緒に入れられるし。
今SIMフリースマホの対応サイズはナノSIMが一般的だから次新しく買う時には交換してるかもしれない。

容量が16G→32Gになり前機種で入れていたアプリも大幅に整理したらかなり余裕が出来た。
メモリも2→3Gになり重かったアプリもサクサク動く。ゲームはほとんどしてないから高スペックを必要とするアプリは参考に出来ないが。
2Laserに無かった指紋認証が付いたので登録したら反応はまあまあ良くスリープ中の画面はすぐに起きてとても便利。
前機種ではキーボードでしか使わなかったBluetoothをPCとのファイル転送でも使うようになった。
コピーも削除もまあまあ速く処理してくれるのでバッテリー保ちも上がるなら毎回USBケーブル挿す必要は無くなりそう。

データの移動は簡単に移せる物はSDカードへ保管し、LINEだけ先にアプリ内で移行処理してから
Googleアカウントへバックアップ取って新しい機種でアプリDLしながら簡単に終わった。
OSは6のまま上げておらず7へ上げる案内が消えないのは気になるが、今出ているバージョンがバグ多いというのでパッチ待ち。
ブラウザのブックマークも確実に移行したいなら先に書き出しておくのを推奨したい(それかブクマ専用アプリを使う)。

バッテリーの保ちは最初容量の割に??な感じだったが、少し使ってる間に保ちの良さが出てくる印象だった。
カメラ画質はほどほど、音質は普通に使う分には問題無いが音楽よく聞くならあまり良くない部類かもしれない。
純正のカメラアプリが2Laserよりモードの種類減ってるのが気になるから他アプリ併用する形になるかも。

プリセットアプリは2Laserほど入れられていなかった。それでも幾つかは止めたり消したりしたが。
(モバイルマネージャーやGoogole開発などは重くても消さないほうが良い)
自分で入れてるアプリで今特に役立っているのが以下(Androidバージョンは6x)。

ブックマークフォルダ…広告免除パッチで使用。バックアップ取ってSDカードにも保管しておくと機種変やブラウザ変更で活用できる

twicle plus…有料版を前機種からずっと使用。画像をよく参照するのでこのアプリはサムネイルが見やすく使いやすい(無料版)

カードケース…Webマネーやauウォレット利用者向け。残高確認がすぐに出来る

QuickEditor…シンプルなテキストエディタ。PCのテキスト書類開ける時には文字コードの設定をしておく必要がある。
プロ版は広告免除に加え表示フォントを自由に変更できるので明朝体で読み書きも可能。システム書体をカスタムするような人にオススメ

ColorNote…ノートとTodoとで色別けできるメモ。ウイジェットでホーム画面に出せる

CSVビューア…エクセル形式の表をサクッと見られる。有料版アリ。作成編集はGoogleスプレッド

PhotoEditor…写真のリサイズや書き出しなどで使用。装飾はLINEカメラを利用

BitDefender…ウイルスチェック用。有料ならPCで愛用しているESETのが良いかな

ウェザーニュースTenki.jpアメダスウイジェット…天気確認用

あれから何日?…購入日、予定日、期限があるものを入れておくと確認に便利。
アプリのファイルバックアップを使ってもいいがデータフォルダ丸々SDカードへコピーすれば機種変時にそのまま戻せる

メディバンペイント…スマホのお絵かきはアイビスが今人気だが自分はこっちのが描きやすい

とりあえず買い換えた感想としては「感動するほどでは無いが前機種とほぼ同価格なのを考えると、スペック上がったのは実感できるから初期不良が出なければこの機種で良かった」な印象。

posted by ナッチェ at 00:03| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする