2011年11月07日

MacAppStoreの整理

MacAppStoreでDLしたがまともに動かない、気に入らないなどの理由で削除したいアプリがある時、綺麗に消すにはアプリの削除→購入済みリストの消去という手順になる。購入済みリストの削除は再DLする可能性が無い物に対して有効。

アプリ本体とそれに関する設定を削除するにはAppCleaner(フリーウェア)等の消去ツールを使うといいが、AppStoreでDLした物は場所を移すだけでもパスワードを求められるのでツールで消す時もパスワード入力してゴミ箱へ。

消した後はAppStoreの「購入済み」から手元に無いアプリを右側より×アイコン呼び出して削除。(画像は一部省略してあります)
111107app.jpg

外付けHDDへバックアップやシンクロをしている場合、過去にDLして消したアプリが別ボリュームに残っているとアップデート項目に出てきてしまうので注意。その場合は外付けに残ってるアプリも削除すればアップデート一覧に名前が出て来なくなる。
ラベル:フリーウェア
posted by ナッチェ at 08:22| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする