2011年08月17日

忙しい時の膀胱炎対策

病院へ行く時間の無かった時に限って膀胱炎を患ったので自力でいろいろ試した品とか。

■市販薬:
[メール便で送料80円]小林製薬ボーコレン 48錠入(成人4日分) [第2類医薬品]



麻耶堂製薬の腎仙散12包【第2類医薬品】


ボーコレン→腎仙散の順で飲んだのだがこれが返って回復を遅らせてしまった。治りかけ→またくすぶった段階で腎仙散飲んで中に固まっていた血液を排出、2日目でほぼ痛みも取れたから最初からこちらを飲んでおくべきだった。普段ならない人で急性の場合はボーコレンも効くと思うが漢方は体質でかなり左右されるから一概には言えない。ボーコレンは錠剤、腎仙散は粉末で漢方薬独特の苦さがある。腎仙散は通常の取説に対処方法などが書かれた紙が一緒に入っていて大変解りやすい。

■お茶系:
オリヒロ 徳用グァバ茶 60包


丹波黒100%濃く出る黒豆茶 6g*26包


グァバ茶は血糖値対策の頃から飲んでいる物を。軽く利尿作用があり、口に合えば美味い。黒豆茶の方が腎臓には良いと言われているので、暑い時期でも冷えた飲み物を控えざるを得ない治療期間中はこちらを主に飲んでいた。お茶にした後食べられる点で乾燥豆から作る手法もあり。(大豆アレルギーの人はドクダミ、コーン茶等のブレンドされて無いノンカフェイン茶をオススメします)

膀胱炎になってしまった間は特に内蔵が冷えるのを避ける必要がある(刺激物や飲酒は厳禁)。激痛や発熱で病院へ行く場合は泌尿器科・泌尿器科のある総合・生理中後や婦人病が原因でなる場合は尿漏れも診察出来る婦人科へ。
ラベル:市販薬
posted by ナッチェ at 02:37| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする