2019年09月23日

【※重要】移転のお知らせ(修正アリ)

こちらのごった日記は以下の場所へ移転しました。
情報が古すぎる記事は整理していきますがブログは消さずに残しておきます。

Aimer-Note

警告が出る場合は除外設定(Chromeなら恒久的)にサイトアドレスか「.wp.xdomain.jp」のドメインを
追加すれば見られるはずなのでお手数ですが設定お願いします。(中身は単なる個人ブログ)

スマホ替えた記事などは移転先で書いています。
20190914moto1.jpg
posted by ナッチェ at 04:47| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

miband3しばらく使っての感想

少し下にmi band3買った記事を書いてからある程度使い続けた印象とか。

実際使ってからコレの強みを最も感じたのが一般的な時計より優れた防水機能かもしれない。
自分は風呂やシャワーの時は必ず時計は腕から外しており(バンド洗わないとかぶれるから)、
先日うっかり外した時計を気付かず洗濯物と一緒にネットへ入れて洗濯機へかけてしまったのだが、

洗濯物取り出してこの時計が入っていた事にも驚いたものの、
それ以上に傷1つ付かず何事も無かったように普通に動いている状況にビックリした。
ネットへ入れたぶん外から受ける衝撃が少なかったのも幸いしていたかもしれないが。

バッテリーのほうは1度充電しておけば今でも半月は保つ。
ただ心拍数の自動記録をonにしているとバッテリーの減りが早まるから、
時間と歩数が解ればいい程度の自分は自動記録を切っている。

通知は歩数の目標数値が達成されれば歩きながらでも判るぐらいにはバイブレーションが作動してくれる。
LINEや天気などは何文字か最初のテキスト入りで通知が来る。通知についてはアプリでの事前設定が必要。

アプリのほうは純正のMi FitとMiband Master(MBM)有料版を使っていて、
普段の記録はMBMのがやりやすくファームウェアの更新などでMi Fitを使っている。
同期はバージョンアップしたMi Fitのが速い。

今夏の一番暑い時期は汗でかぶれてしまうの家では外していたら
何に反応したのか身に付けていない時間帯の睡眠時間が記録されていたのは不思議だった。

替えバンドは純正の色違いを買ってたまに替えている。純正だとはめ込み口が伸びにくくよく保ってるほうかも。

4が出てカラーになり、フェイスやAndroidスマホの音楽コントローラー対応になったので
シンプルに使えて4より安く買える3とどちらが良いかはお好みで良いかも。(日本語の対応は今のところ3が上)

Xiaomi Mi Band 4 グローバル版


posted by ナッチェ at 01:47| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

100均のレトルトカレー

ダイソーのブラックカレーが100均PV品の中では特に評判良いから食べてみた。

190313a.jpg

辛さはLEEの5〜10倍ぐらいか?普通の辛口よりはだいぶ辛い。
胃弱くなってから激辛が食べられなくなり辛口ですら買うのに慎重になってしまったが、久しぶりにこのクラスの辛さを食べると刺激がくる。
ただ癖になる味で食べ終わってからもまた口に入れたくなる。しっかり辛さを味わいたい人に良いと感じた。

100均で買える可能性が高いレトルトカレーでは、
S&Bのおいしいカレーが小麦ベースでなく(※完全除去ではない)胃に優しくて口に合えばオススメできる。
このシリーズは特にハヤシが美味い。

S&B なっとくのおいしいカレー 辛口 180g×6個


S&B おいしいハヤシ 160g【3990円以上送料無料】


S&Bといえば、100円じゃないけど懐かしの5/8チップスのロゴが使われたレトルトカレーも。
ここは自分が子供の頃スナック菓子中心にお菓子を売っていた事を思い出す。

190313b.jpg

エスビー食品(S&B) 5/8サイズ 欧風カレー 110g×10入


ラベル:ダイソー
posted by ナッチェ at 03:41| イマドキの100均 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

mi band3

今はそれなりに歩く仕事しているのもあって万歩計の付いた職場でも浮かないスマートウォッチかスマートブレスレットが欲しいといろいろ漁り、
AppleWatchやガーミンクラスが欲しいわけでは無いから血圧も計れる中華系でいいかなと思いつつ
注文したのは日本語対応になったXiaomiのmi band3。

P_20190223_234445_SRES.jpg

Xiaomi Mi band 3 小米(シャオミ) スマートブレスレット


デザインは表面がスッキリしている2のほうが好きだが機能の上がっている新しいほうを選択。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 2 | Xiaomi (小米 シャオミ)


買うまではこの辺とだいぶ迷っていた。画面がカラーで見やすそうだしスキンも多く変えられるから。

itDEAL スマートブレスレット日本語対応


Semiro スマートウォッチ 日本語対応 3色交換用ベルト付


レビューを見ていると安価モデルに血圧計入れてるのは技適通ってないのが多く信憑性にも欠けるのと、
バッテリー保ちが良い(1回の充電で平均20〜30日)、複数のアプリに対応している、
中華系ではHuaweiに次ぐ大手なのもあり替えバンドの入手が楽な理由からmi bandを選択。

装着した感じは軽くて違和感少ないのが寝ている間も着けるには良い。
自分の場合は革と金属で被れるから素材がシリコンとプラなのも手入れが簡単で助かる。
本体が充電のたび外す必要あるが、少し外しにくいから引っ張って下から落とすようにすれば楽かもしれない。
バッテリーは通知機能を切ってるのもあり、最初のフル充電から1ヶ月ぐらい保ってた。

防水機能については皮膚が過敏な自分は入浴で外してしまうが、防水の仕様が類似品より高いだけありシャワーぐらいは余裕な報告を多く見る。
温泉は普通のお湯と成分が違うので、入浴剤が入った湯船も含めて着けたまま入るのはオススメ出来ない。

充電は専用ケーブルが入っており、PCのUSBプラグかUSB電源アダプターへ挿して充電する形になる。
充電を終わらせて使うには対応しているFitアプリ(MiFitなど)での同期が必要になり、
最初に数回ファームウェアのアップデートが入るから初回起動は時間の余裕が要るかも。
(同期が終わるまでスマホを傍に置いておく必要があるから)

アプリはMiFit(Android/iOS)とMiBandMaster(MBMのPro)と併用で、腕に着けて測ってみると睡眠で特にアプリごとでズレがある模様。
昼寝も計測出来る意味ではMBMのほうが正確なのか?こちらのが細かく記録されていた(MiFitでは記録されない時がある)。
MiFitはプロフのアイコンからアプリ通知、アラームなどの設定が行えるが少し分かりづらい印象がある。
(通知とアラームは圧倒的にMBMのが設定しやすく、日本語にも大体対応しており280円で広告取っ払う価値はある)

公式のMiFitを使うには必ず計測データ共有するための専用アカウントが必要になるので、
他のアカウント(Google、FB等)でログインか新規作成が嫌ならMiBandMasterやGoogleFitなど別の対応アプリを使う形になる。

歩数計についてはアクティブトラッカー全般に言えるらしいが反応が敏感な時がある。
心拍数はまあまあ細かく計測してくれているから正確なほうに感じた。

天気はアプリ上で1回GPSオンにしとけば地方指定してくれるから、それで同期すれば3日分の予報と気温を伝えてくれるようになる。
日本語対応だと「曇りのち晴れ」なども中国語が混じっていなくて見やすい。
ストップウォッチ、スマホ探索、画面切り替え、工場出荷リセットなどは「その他画面」を横にスライドで出てくる。
GmailやLINEなどの通知が欲しい人はアプリ側で通知機能をオンにしておく必要がある。

日本で販売されていない中国のNFCモデルは国内の決済に対応していないので、輸入してまで買う必要は無いように感じる。

標準のシリコンバンドは私の腕だと一番狭い穴がギリ閉まるぐらいで、交換用と買う時にサイズがある物なら女性の腕にはMサイズが良いかもしれない。
純正品は国内で買うと下(私物)のように、パケに日本語の保証書入ってる場合がある。
201903S.jpg

(純正)Xiaomi スマートウォッチ Mi Band 3 Strap 専用交換バンド(3色)


Xiaomi Mi Band 3 ベルト 交換用 シリコン製(11色)


もっと高級感あるのが良い場合は革や金属の物もある。

  

傷が気になる人は保護シートも専用の物がある。

Xiaomi Mi Band 3 液晶保護フィルム【3枚入り】


ラベル:Mi Band
posted by ナッチェ at 02:51| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

ADSLからポケットWi-Fiへ

[[2018/12/11作成。加筆修正あり]]

フレッツがADSLのサービス終了を発表してから久しいが、
ウチでも光が引けない環境でPCのネット回線は長くADSLに留まっていたのが、最近になってポケットWi-Fiへ移行を終えた。
固定回線も電話すら置かなくなって長いからセットで解約。
NTTの固定回線は日割が利くから解約する場合は早いほど良い。今はネットでも解約出来る。

ポケットWi-Fiも今はいろいろ選択できるなか、自分が選んだのはFujiWifiのauWiMAX2+版。
今年になって回線品質が上がったのか倍の速さになっていたとはいえ
損失値が大きく1M前後しか出ていなかったADSLから5M前後まで上がったのは大きい。
ルータとモデムが必要無くなり使う電源が減ったのもスッキリして快適。
WiMAXで3〜5Mは速いと言えないかもしれないが、あまり動画を見ないから以前よそで使っていた
光ぐらいの速さ出てるならそれで十分なんだよな。3日10Gってのもそう超えることは無いと思う。

こちらは利用するのに先にレグルスという運営元への会員登録が必要になるが、
スマホの購入やレンタル登録で必要な身分証明書の提出もここで行う流れになる。
使える物が免許証・パスポート・マイナンバーカード(通知カード×)のみになっているが、
マイナンバーカードは表面のみで番号載っている裏面はアップロードしなくても登録出来る。
(ここで登録ためらう人も多いので、番号渡す必要は無いとだけ書いておきます)

画像形式はなるべくJPG(文字が見える程度にサイズ小さく出来るならPNGでも)、
スマホなら写真編集アプリなど使って1M以下(縮小は片面なるべく1500px以下)に収めてからのアップロード推奨。
他のプロバイダーやレンタルサービスでも証明画像求められたらこれぐらいのサイズで提供をオススメしたいです。

申し込んで届いた本体はw05ホワイトで、レンタルだからかやや使用感あったものの状態は良いほうだった。
USB接続の電源アダプター(買い取り300円/持っていれば不要)注文したらコンパクトで邪魔にならないのが届いた。
SIMは本体に入っていてPCやスマホからWi-Fiの設定すればすぐに使えた。
欠点は(新品でないからなお)バッテリーの保ちが悪く本体の仕様上交換も出来ない点か。
WiMAXの方はこれのおかげで保証プレミアムの恩恵が少なく入るのを止めた。

しかし評判通りWiMAXは屋内でも圏外になるぐらいには回線が不安定なので、
検索して出てくるアルミボウルアンテナを手持ちでやってみたらそこそこ安定するように。
昔PSPのワンセグ受信でやってたような事を今時のWiMAXでするとは思わなかったわ。

PC接続がメインで有線使用したい場合はこちらのクレードルが必要になってくる。

UQコミュニケーションズ Speed Wi-Fi NEXT W05専用クレードル HWD36PUU


[[12/20追記]]

数日使ってみた感想は、アンテナ対策したら特別速くは無いものの比較的安定した通信を保ってくれるので
ADSLよりはずっと快適に感じる。冬場で受信しやすいのか途切れる事もあまり無い。
(確認出来ている分では、通常下り3〜5M、速い時で下り20〜30M。上りは仕様から全体的に低めで1M超える事は稀)

新品でないレンタルルータのバッテリーが保ちが悪く完全に切れると繋ぎ直しても20分ぐらい待たされるため、
出社中か長時間の外出以外はほぼ電源付けっぱなしになっている。

契約してすぐにソフトバンクの通信サービス全般で大規模な通信障害を起こし、
それ以後FujiWifiのLTEも不安定になっている話を聞くから4GLTEとWiMAXとで迷っていた時に
微妙に高くなってもWiMAX選択したのは良い判断だったのかと感じてしまった。

ただWiMAXのほうがまとまったレンタル受付は今の募集が最後になるかもしれない公式発表があり(もう締め切り直前?)、
FujiWifiでどちらにするか迷っている人は早く決める事をオススメしたい。

posted by ナッチェ at 04:04| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする