2017年11月18日

ASUS Zenfone 2Laserから3Maxへ

Zenfone2Laserが2年手前になってタッチセンサーがもうヘタれてきたのと容量が厳しくなったところで、無印4買うか考えたなか3Maxの5.5インチを購入。
ピンク本体はサイトにあるサンプル写真だとプラスチックっぽいパリッとした色合いに見えたが、実物は大人向けのパールピンクで好みの色だった。
海外スマホは何があるか分からないのとプロバイダー経由で買っているのもあり今回はオプション保証にも加入した。

P_20171113_141132.jpg

ASUS ZenFone3 MAX (ピンク/5.5インチ)ZC553KL-PK32S3/A
ASUS ZenFone3 MAX SIMフリー スマートフォン (ピンク/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/3GB/32GB/4100mAh) ZC553KL-PK32S3/A

5.2から5.5へ大きくなったものの本体サイズが少し重くなった程度でほぼ変わらず、5インチ超えの感覚に馴れたのか小さい手でも大きすぎて困るってほどでもなかった。
カバーと液晶フィルムは要ると思い購入決めてすぐに頼んだ。フィルムはずっとノングレア使用。

ASUS ZenFone3 Max(ZC553KL/5.5インチ)専用 クリアTPUソフトケース(高透明/高耐衝撃)
【 shizuka-will- 】 ASUS ZenFone3 Max ( ZC553KL / 5.5インチ ) 専用 クリア ケース カバー TPU ケース ソフト ケース ( 高透明 / 高耐衝撃 ) ZenFone 3 Maxケース ZC553KLケース (ZenFone 3 Max (ZC553KL), クリア)

アスデック ASUS ZenFone 3 Max (5.5型モデル)ZC553KL用フィルム ノングレア
アスデック ASUS ZenFone 3 Max (5.5型モデル) ZC553KL 用 フィルム アスデック【ノングレアフィルム3】 ・防指紋・気泡消失・映り込み防止・アンチグレア・日本製 NGB-ZC553KL (Max 5.5 , マットフィルム)

最初NFCセンサーが欲しくて同じASUSで新しく買うなら3よりカメラ性能が良く不具合報告も少ない4にしようと決めていたが、
急ぎで必要な機能では無いしサブで国内機種買うかもしれないからそこそこの性能で値段も安くバッテリー保ちが良い機種を選んだ。
2LaserがマイクロSIMだったからサイズ変更せずそのまま使えるのは助かる。マイクロSDカードも一緒に入れられるし。
今SIMフリースマホの対応サイズはナノSIMが一般的だから次新しく買う時には交換してるかもしれない。

容量が16G→32Gになり前機種で入れていたアプリも大幅に整理したらかなり余裕が出来た。
メモリも2→3Gになり重かったアプリもサクサク動く。ゲームはほとんどしてないから高スペックを必要とするアプリは参考に出来ないが。
2Laserに無かった指紋認証が付いたので登録したら反応はまあまあ良くスリープ中の画面はすぐに起きてとても便利。
前機種ではキーボードでしか使わなかったBluetoothをPCとのファイル転送でも使うようになった。
コピーも削除もまあまあ速く処理してくれるのでバッテリー保ちも上がるなら毎回USBケーブル挿す必要は無くなりそう。

データの移動は簡単に移せる物はSDカードへ保管し、LINEだけ先にアプリ内で移行処理してから
Googleアカウントへバックアップ取って新しい機種でアプリDLしながら簡単に終わった。
OSは6のまま上げておらず7へ上げる案内が消えないのは気になるが、今出ているバージョンがバグ多いというのでパッチ待ち。
ブラウザのブックマークも確実に移行したいなら先に書き出しておくのを推奨したい(それかブクマ専用アプリを使う)。

バッテリーの保ちは最初容量の割に??な感じだったが、少し使ってる間に保ちの良さが出てくる印象だった。
カメラ画質はほどほど、音質は普通に使う分には問題無いが音楽よく聞くならあまり良くない部類かもしれない。
純正のカメラアプリが2Laserよりモードの種類減ってるのが気になるから他アプリ併用する形になるかも。

プリセットアプリは2Laserほど入れられていなかった。それでも幾つかは止めたり消したりしたが。
(モバイルマネージャーやGoogole開発などは重くても消さないほうが良い)
自分で入れてるアプリで今特に役立っているのが以下(Androidバージョンは6x)。

ブックマークフォルダ…広告免除パッチで使用。バックアップ取ってSDカードにも保管しておくと機種変やブラウザ変更で活用できる

twicle plus…有料版を前機種からずっと使用。画像をよく参照するのでこのアプリはサムネイルが見やすく使いやすい(無料版)

カードケース…Webマネーやauウォレット利用者向け。残高確認がすぐに出来る

QuickEditor…シンプルなテキストエディタ。PCのテキスト書類開ける時には文字コードの設定をしておく必要がある。
プロ版は広告免除に加え表示フォントを自由に変更できるので明朝体で読み書きも可能。システム書体をカスタムするような人にオススメ

ColorNote…ノートとTodoとで色別けできるメモ。ウイジェットでホーム画面に出せる

CSVビューア…エクセル形式の表をサクッと見られる。有料版アリ。作成編集はGoogleスプレッド

PhotoEditor…写真のリサイズや書き出しなどで使用。装飾はLINEカメラを利用

BitDefender…ウイルスチェック用。有料ならPCで愛用しているESETのが良いかな

ウェザーニュースTenki.jpアメダスウイジェット…天気確認用

あれから何日?…購入日、予定日、期限があるものを入れておくと確認に便利。
アプリのファイルバックアップを使ってもいいがデータフォルダ丸々SDカードへコピーすれば機種変時にそのまま戻せる

メディバンペイント…スマホのお絵かきはアイビスが今人気だが自分はこっちのが描きやすい

とりあえず買い換えた感想としては「感動するほどでは無いが前機種とほぼ同価格なのを考えると、スペック上がったのは実感できるから初期不良が出なければこの機種で良かった」な印象。

posted by ナッチェ at 00:03| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

zenfone2laser使用感など

購入してしばらく使ってみた感じだが、今のところ目立つ不具合はなく快適に使えている。
一度大きな本体のアップデータがあってそれが1回分合計で700M強あったから
モバイル回線で利用する人はパケット容量に気をつけた方が良いかもしれない。
マイクロSDは64Gを使用中だが、音楽など大量に入れるわけでも無く他機種でも使い回したいなら16Gか32Gが汎用性高くて無難だと思う。

写真はまだ撮りに行く機会が増えるシーズンに入っていないからそれほど枚数撮っていないものの、
ピントを合わせるレーザーを搭載しているだけあってピント捕えるのは速い印象。
画質はスマホの写真としてならそこそこ、色合いがギラつかず自然な感じに撮れやすいのは良いと思う。
パノラマはブレと上下のズレに気をつけて撮ればそこそこの距離取れる感じだった。
(写真はカーブのある道を撮っているので中央の道路が歪んで見える)
160315.jpg

アプリについてはデフォルトで入ってるのがてんこもりで最初から容量を圧迫しており
更に余分なデータを消すためにも買ったらすぐ初期化するのが良いと他のブログでも言われているが、
後で止めたいアプリがある場合は設定>アプリからどんどんアンインストールしていくのをおすすめしたい。
(消しても後でストアや設定から入れ直せる。削除できないのは強制停止のみ)
自分は不要なアプリを停止・削除して通知の部類はほとんど止め、
後からDLするアプリもマイクロSD管理にしたら4.5Gまで使用済み領域が落ちた。

楽天などの8G品はそのままにしてたらすぐカツカツになるから早めに選別しておくべきだと思う。
本体をLTEとセットで買っている場合は会社によってASUS・Google経由以外で入ってるアプリがあると思うから、
プロバイダー専用アプリについては確認してから消すか残すか決めるのが良い。
本体のアップデートで不必要な外部アプリがインストールされた場合は速攻消してしまっても問題ない。
(ASUSはそういうの割とある)

デフォルトので今のところ使ってるのはファイルマネージャー、メッセージ、連絡帳、時計(アラーム)、
GoogleはPlay、ドライブ、メール、マップぐらい。
ホームアプリはZenUIがiOS利用者には使いやすいからそのまま使用、ATOKもPCで使っているからそのまま。
Zenアプリは上の他にも少し残しているがGoogleは使わないのは全部ホームから外して停止してる。
Youtubeも基本PCからの視聴なのでブラウザ再生で問題ない。
CMのメンテアプリは英語で良ければ一度削除してLiteのほうを入れ直すのが軽くて良いかもしれない(使いたくないなら完全に削除してても問題ない)。

外のアプリでよく使っているのはこの辺り。
・FireFox(現在のデフォルトブラウザ)
・ブックマークフォルダ
・LINE、LINEカメラ
・SpeedTest
・TwitclePlus、Echofon(iOSから)
・天気アプリ(ウェザー、Tenki.jp、Xband)
・MXPlayer(動画)
・FolderPlayer(音楽)
・PhotoEditer(写真)
・SkecthBook(iOSから)
・QuickEditor
・ColorNote
・Excel
・メモリ掃除専科
・計算機プラス、消費税電卓

【プリインアプリ参照】
ASUS ZenFone 2 Laser のアプリ一覧-ロボット人間の散歩道

posted by ナッチェ at 01:43| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

SIMフリースマホと100均のスマホアイテム

長いこと使っていたガラケーの2年縛りから解放された月にそろそろMVMOへいきたいと思い移動することにした。
今回の移動で買ったのはASUSのZenFone2Laser。

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser ZE500KL-WH16
エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

自分の中でのスマホの理想サイズがiPhone5sなので、5インチはやはり大きく感じる。
片手で使えなくもないけどスタイラスペンは必要だなって印象。
他所で見たゲームボーイカラーとほぼ同じ大きさってのには当時カラー持ってただけに笑えた。

LaserはZenFone5の強化版みたいな扱いでメモリの多い2よりは性能が下と言われてるが、アプリ入れまくって凝った使い方しないならスマホとしての機能は十分だと思う。
(ガラケー時代からお財布とワンセグ機能使わなかったのと、スマホゲームもあんまりプレイしないだろうから)
マイクロSDも128Gまで使えるのは良い。128Gはまだ高額かなと感じるが64Gなら通販も使えれば手が届きやすくなっていることだし。

キャンドゥへ行った時に使えそうなケース買ってみた。
簡易防水ケースはダイソーのが2段パッチで安心感はある。自分はダイソーのを目薬入れで使ってる。
20160210.jpg

ZenFone対応のアクセ類は店頭であまり見ないから通販購入率が高かった。
上の写真ではブルーライトカットのフィルムがあるけど実際貼ってるのは下の品。
液晶に保護シート貼る時は基本反射しないアンチグレアしか貼らないので。サラサラで操作しやすくて気に入ってる。

ラスタバナナ ZenFone 2 Laser(ZE500KL)用液晶保護フィルム T680ZE500
ラスタバナナ ZenFone 2 Laser(ZE500KL)用液晶保護フィルム 指紋・反射防止(アンチグレア) タイプタッチガードナー T680ZE500

ケースは滑り止め付いてるシリコンケースを購入。手帳型も気になってるが左利きだと使える商品が限定されるから見送った。
全体的に滑りにくい素材なのでガッチリ手に留まってくれる感じ。

Zenfone2/Zenfone2Laser/ZenfoneSelfie用ソフトシリコンケース02P07Feb16


外付けバッテリーはiPodtouch4で使っていた薄型バッテリーが使い回せるからそちらを引き続きスマホ用として使っている。
1200mAhと容量小さめだが軽くて使い勝手も良いから重宝してる。

日本トラストテクノロジー MyBattery PiTAa ホワイト MBPITAAWH
日本トラストテクノロジー MyBattery PiTAa ホワイト MBPITAAWH

注意するのはサポートあまり期待できないのと、auとsoftbank系列の回線契約者か?
mineoでもDプランなら使えるらしいから本体買ってから使う場合は契約先で動作対象になってるか確認してからのが良いかと。

ラベル:キャンドゥ
posted by ナッチェ at 01:37| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

touchのデータ生還

iPod touch(第4世代)をiOS5.1.1→6.0.1へバージョンアップする際、盛大に失敗してバックアップから復帰という事があったので覚え書き程度に残しています。バックアップの重要さが身に染みたアップデートだった。

失敗のタイミング:本体の方に自動でアップデータがDLされていたので(iTunesで読むとその他の容量が増えている)特に引き上げる必要性も感じないが2Gもあるアップデータを置きっぱなしにするのも気持ちが悪いから一旦iTunesでバックアップを取り、本体の設定からアップデートした。
この時iOS5の時に起きなかったインストール中にフリーズ→再起動を繰り返す、画面が白くなるなどまともに起動できない現象が起きる。脱獄などのカスタマイズはしていない。

対処:検索すると出てくるような対策でほぼ解決。
PC(Mac)側のiTunesを起動した状態でUSBからPCへ繋いだ後、デバイスとして認識されないがそのままホームとスリープボタン長押しで再起動して本体にiTunes接続画面が出てくるまで押し続け(リカバリモードにする)、
復元を2回ほど繰り返し(1回では上手く起動しなかった)、ようやく本体が動く状態になったから保存していたバックアップを読ませてバックアップから再度復元(ここでバックアップを選ばないとまっさらな状態になってしまう)。
OSは最新になり、バックアップのおかげでアプリのデータなんかは全て元通り。

データの戻し方はiPhoneでもほぼ一緒だと思う。アップデータの失敗とかが理由なら上のリカバリモード→復元で解決しそうだが、DFUモードと言われてるやつまでやって駄目ならさすがに修理だろうなぁ。

バックアップで戻ってきた物:アプリの各データ(ゲームなどはバックアップ時の状態になる)、プレイリスト、ホーム画面の位置、アドレス帳、写真や同期しているデータなどほぼ本体を保存した時点の状態に戻る。
保存していたデータはiOS5.1.1のものだったが、iOS6へアップデートされてもアプリやプレイリストのデータはきちんと引き継がれていた。
アップデート前か調子がいい時に定期的なバックアップはしておいた方が良いと思う。
ただし復元すると初期化しているから音楽、アプリ、ムービーなどのデータは最初から入れ直しになるのでデータや音源を沢山入れていると結構時間が掛かる。

バックアップのやり方は、本体をiTunesで読ませると左のライブラリ一覧に本体名が現れるから、そこを右クリックしてバックアップ。


iOS6はサファリでブックマークのホーム追加とかがやりやすくなってたな。アルバムもいろいろ変わってたが共有はしないから設定でオフにして以前とほぼ同じ画面に戻した。1世代前の解像度では画面が狭くなってしまう。

散々言われてる地図も見てみたが建物名とか本当に全然載ってないw
従来のGoogleマップを使うにはwebサイトからの入室になるが、始め航空写真みたいなので表示されるから平面図にするには一番右端の設定アイコンから「地図をクリア」する必要がある。
posted by ナッチェ at 00:46| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

ぐんまけんはぐんまけんになりました

ちまちま続けていたぐんまのやぼうが最近ようやくレベル200になった。ぐんまちゃんカードのコンプがキツかった
120823gunma1.jpg

わけがわからないよ
120823gunma2.jpg
posted by ナッチェ at 00:38| モバイル/iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする