2015年10月04日

ホームページビルダー20

3バージョンぶりにアップデート版を購入。17からのアップデートなのでSPモードは今回が初めて。
151004b.jpg

ホームページ・ビルダー20 バリューパック 通常版
ホームページ・ビルダー20 バリューパック 通常版

本体のインストールはクラシックとSP2つ別々に入れられるものの、付録の書籍はSPモード側しか書かれてなかったから
初めてかかなりバージョン空いたアップデートで従来のだけ使いたい場合はノウハウサイト探すか本を別に買ったほうがいいかもしれない。
SPモードがまだ無い17の付録本と2冊合わせて丁度良い感じになっていた。

ホームページ・ビルダー19パーフェクトマスター (Perfect Master)
ホームページ・ビルダー19パーフェクトマスター (Perfect Master)

クラシックは元々のビルダーだから操作もほぼ従来通り。自分は使ってないどこでも配置も変わらず(大昔GoLiveのレイアウトグリッドなら使ってたが…)。
ウェブアートデザイナーなんかの元からあった付属ツールもまだ普通に入ってた。
付属のテンプレートや素材を活かしたり既にあるHTMLファイル等を編集するにはクラシックのインストールが必須。
素材も17からだと多少の変更はあるものの、古めの素材になるといつものビルダー。
HTML5が浸透してきた時代にもなってくると古いのが逆に安心できる脳になってしまった。

SPモードはこれ1本でスマホ対応サイト(orWPページ)が作れるといった内容だが
デザインの細かい所までは弄れないのでソースをその場で修正したいとかデザインを頻繁に替えたいサイトには向いてない気がした。
借り物のテンプレート等をビルダーで扱う場合は強制的にクラシックで作業することになる。
クラシック側のフルCSSテンプレートは途中のテンプレ変更や書き換えが利くからレスポンシブ(スマホ対応)で作るのもこっちのほうがいいように思えて
SPモードは昔あった簡単HP風というかなるべく中身を触りたくない人向けなイメージが沸いてきてる。

WPでは無く一般サイトとして作った場合、他のエディタで弄る場合はHTML書き出し機能で適当なフォルダーへ書き出して開くとソースを確認できるが
書き出した方のデータはSPモードで再編集ができなくなる点に注意。
その代わりクラシック側での編集が可能になるのでそれぞれのページを個別に弄っていくか
トップページ(index.html)をクラシック画面で開き「サイト>サイトの新規作成」を利用して
フォルダに書き出したページの中からindex.htmlを既存のトップページに指定で1個のサイトとしてまとめ直す事で編集がやりやすくなる。
ブログ無しか他のブログ使うならSPモードでコンテンツ整えてからクラシックへ移行する方がおすすめ(デザイン直接弄れる人向け)。
ややこしくなるのが面倒なら最初からHTML書き出しはしないほうがいい。バックアップもエクスポートで十分。

[SPモードからクラシック用へのサイト書き出し]
151004b-01.jpg

151004b-02.jpg

151004b-03.jpg

151004b-04.jpg

151004b-05.jpg

WordPress用のデータ作成は17の頃が3xだったから20でようやく4以上が使えるといった心境。
SQL対応のサーバーを既に借りてるか持ってることが前提なのである程度知識のある人向け機能になる。
WP本体はオンライン上でしか動かないから見た目だけブラウザでプレビューできるのは助かる。
プラグインの追加などはWPの管理画面を従来の物に戻して足す必要があり、これを実際にやると混乱の元になりやすい。
ビルダー経由のWPはいきなり本番運用のを作る前にテスト用を1個作るのがおすすめ。
(この機能は使いたいテーマがあるとか同じソフト使って共同作業とかでなければあまりおすすめしないかな…
WPは普通に公式サイトからDLするかレンタルサーバーによっては簡単インストールがあるのでそこから設置した方が早くて楽)

おまけで借り物のHTML5テンプレを標準モードで開いた場合。特別複雑なデザインで無ければ大体見た目通りに表示できてた。
151004b-06.jpg

付属で付いてる「Zoner Photo Studio 16 HOME J」はデジカメ等で撮った写真の整理や修正をするのに使えるから
ここでは素材作りやアルバム用の写真修正用途。起動が軽いからビューアとしても十分使える。
よくある海外のレタッチソフト同様の機能なので1から絵を描いたりするのには全く向いていない。
ZonerPhotoStudioもビジネスパックにしか無いSitemapCreatorも無料版があるから試して確認しても良いと思う。
SitemapCreatorはGoogle等の検索サイト上でナビページを表示させるのが主な機能。

【参照サイトなど】
ホームページビルダー公式サイト(ジャストシステム)
Zoner Photo Studio日本語サイト(無料版)
SitemapCreato(無料版)
ホームページビルダーのWordPress連携がうまくいかない人へ-某氏の猫空

ラベル:シェアウェア
posted by ナッチェ at 02:38| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする