2015年02月07日

一太郎30th

一太郎の2015年度版が良さそうだったので2012年版からアップデートさせる事にした。
プレミアム版なので花子、Shuriken、JUSTPDF等が付いてるタイプのを。ノベルティのコルクボードとピンズは予約特典。
150206a.jpg

個人でこういうソフト買うのってもはや趣味家の分類に当たりそうな気がする。
何処かで必要としてなきゃOfficeあるのに何で今時一太郎だって話になりかねないし。縦書きはやっぱりこれの方がいいんだよな。

ジャストシステム 一太郎2015 プレミアム 通常版
ジャストシステム 一太郎2015 プレミアム 通常版

30thは2012よりは若干軽めの印象。パレット操作なんかはかなり軽くなっていると思う。
使い道の問題だろうけど感太が背景素材以外どう扱って良いのかいまだによく分からない。
詠太は補助用途以外なら推敲に使えるからまだ有り難みはあるのだが。耳で推敲すると違った視点で文章を確認できる。
プレミアム以上に付いてる同梱のプロテクトフォントは一太郎よりも花子を経由した方が扱いやすい。
非商用以外で使う場合、権利などは事前に確認推奨。

一太郎買うと必ずセットになってるATOKだが、今回のは変換でややもたつく?これについてはまだ出たばかりなのでアップデータ次第かも。
旧Verからそのまま上げても辞書は引き継がれるが念のためバックアップは取った方がいい。

花子は結構古くからあるillustratorとWord機能を混ぜたようなドローソフトだが、
コストパフォーマンスがとても高いのに過去のゴタゴタで遺産扱いされてる残念なポジションのように思う。個人的には良ソフト。
一太郎共々テンプレや部品などの素材が元から豊富なので個人でDTPや広報書類作ったりするのにはこれでも十分なのが作れてしまう。
パース図面が作りやすいのと製図で使えるのは良いと思う。単品ならCAD買うより安い。EPSの読み込み・書き出しにも対応している。

パスツール等一部の機能を除けばillustratorよりもとっつきやすいだけにノウハウ本が1種しか無い点が残念すぎる。
セットで買う場合マニュアルがソフトから呼び出す形になるので必要なら書籍を買うと捗る。単品で買う場合も書籍セットの方を奨めたい。

学んで作る! 花子2015使いこなしガイド
学んで作る!  花子2015使いこなしガイド

ジャストシステム 花子2015 書籍セット
ジャストシステム 花子2015 書籍セット

Shurikenは現状バックアップ保存用と化したメーラーのThunderbirdで何も困ってないので今回も保留した。
標準メールからの移行で学習フィルタ付きの軽いやつ使いたいならこれでもいいけど、個人的には痒い所に微妙に手が届いていない印象。
JUSTPDFも使い慣れたAcrobat(ビューアはFoxit)があるのでこのバージョンになっても使うかは不明。

スーパープレミアムならintuosの限定デザインと一太郎Dush等が付くので、ペンタブついでに欲しいとか古くからのユーザーにはおすすめ。多分今回はスーパーが一番当たりの様に思う。
ちなみに新規のソフトはどれもXPにはインストールできない。8.1には対応しているのでATOKだけでも不便な点が出ている場合は上げておいて損ないかも。

ジャストシステム 一太郎2015 スーパープレミアム 30周年記念 通常版 一太郎2015 通常版 ATOK 2015 for Windows [ベーシック] 通常版

(参照)インフォメーションサイト
posted by ナッチェ at 05:39| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする