2012年11月28日

100均のレンジ蒸し器

キャンドゥで見つけたコードタグ。日本製で厚手。前に買ったやつは白1色のフニャフニャした物だったからこれは分かりやすくて良い。シールで名前も替えられる。
(セリア、ミーツでも同じ商品を確認済み)

121128a.jpg


寒くなると焼き芋やらふかしたサツマイモを食べたくなるが、家の環境が変わってから作る機会がとんと無くなってしまったので食べるの自分しかいないし低コストで手軽に作れないかと漁ってみたらダイソーにそれ用のレンジ調理器があったから買ってみた。

121128b.jpg

コーンの方は芯だけ残して実をゴッソリ取るグッズも見たな。
大きさはパスタの調理器に近く26cm×8cmで、最近のなら問題ないと思うが古いレンジだと入らないかもしれない。
デカくて収納が面倒ならしゅうまいや温野菜用の蒸し器を選び、カットした物を入れれば同じように調理ができる。

用意したサツマイモとよくある真空パックのトウモロコシ。芋はバラ売りされている中ではやや小ぶり。トウモロコシは生でも問題ないと思う。袋に詰められた小さい芋なら2本ぐらいいけそう。

121128c.jpg

芋もコーンも水は要らないというが初めてなので洗った野菜はなるべく水分含ませたまま入れて水も容器に少量張った状態で時間通り回した。600wじゃない物は60〜90秒ぐらい調整する必要あるかもしれない。

芋の方は5分で箸が根元まで通るぐらいには熱が通っており、皮ごと食べられるぐらいには普通に美味しかった。もう少し味を付けるなら余熱で蓋を閉じたまましばらく蒸らす、加熱前に軽く塩を揉み込む、網やトースターなんかで皮に焼き色付けたりすると良いかもしれない。

(追記)何回か使用して良かったやり方は「レンジ5分(余裕があれば更にトースターなどで3〜5分表面を焼く)→放置5〜10分」で中が柔らかくなって食べやすかった。

121128d.jpg

コーンは見た目が変わらないから画像は省略しているがこちらも加熱具合は問題なし。手軽なので朝食代わりにいいかと思ったが、芋を食べるのが結構時間取られる事に気づいた。
posted by ナッチェ at 12:32| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする