2012年08月12日

外付けDVDドライブ

パソコン周りの環境が変わるので使えなくなる外付けのDVDドライブをFireWireからUSBに換えたが、最近のAirやウルトラブックで使う小さくて安価な品は携帯みたいに電源が別売りになっているんだな。

買ったのはこの機種で、Macだと10.6以上に対応。スロットローディングじゃ無いのが個人的に○。ブルーレイドライブでも良かったが今回は見送った。

I-O DATA バスパワー対応ポータブルDVDドライブ「カクうすDVD」パールホワイト DVRP-U8C
I-O DATA バスパワー対応ポータブルDVDドライブ「カクうすDVD」パールホワイト DVRP-U8C

USBだけだと上手く動かないとか、電源が必要ならこちらのACアダプターを購入。USBケーブルも付属のだと15cmぐらいしか無いので、デスクトップで使う場合は100均のUSB延長ケーブルでも用意しておくと良いかもしれない(自分の場合はダイソーの1mケーブルを使用)。

I-O DATA バスパワーUSB機器用ACアダプター USB-ACADP4
I-O DATA バスパワーUSB機器用ACアダプター USB-ACADP4

自分の環境ではポリカのiMacでもUSB接続のみで使えた。セルフパワー対応のUSBハブがあればハブを通して動かす事も可能(書き込みが本体直挿しでないと駄目なケースあり)。
USBハブがバスパワーのみ(電源なし)だと起動はするがトレイが開かない。

マニュアルなどを整理していたら昔の外付けDVD-RAMドライブ(ラシー製)の納品書が出てきた。多分まだDVD読み込みだけのコンボドライブが普通に売られていた時代だと思うが、同じ機能の物が8年で値段10分の1にまで下がるなんてこのジャンルは時代の流れが早すぎる。

120812_0101.jpg
ラベル:ハードウェア
posted by ナッチェ at 03:15| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする