2018年12月20日

ADSLからポケットWi-Fiへ

[[2018/12/11作成。加筆修正あり]]

フレッツがADSLのサービス終了を発表してから久しいが、
ウチでも光が引けない環境でPCのネット回線は長くADSLに留まっていたのが、最近になってポケットWi-Fiへ移行を終えた。
固定回線も電話すら置かなくなって長いからセットで解約。
NTTの固定回線は日割が利くから解約する場合は早いほど良い。今はネットでも解約出来る。

ポケットWi-Fiも今はいろいろ選択できるなか、自分が選んだのはFujiWifiのauWiMAX2+版。
今年になって回線品質が上がったのか倍の速さになっていたとはいえ
損失値が大きく1M前後しか出ていなかったADSLから5M前後まで上がったのは大きい。
ルータとモデムが必要無くなり使う電源が減ったのもスッキリして快適。
WiMAXで3〜5Mは速いと言えないかもしれないが、あまり動画を見ないから以前よそで使っていた
光ぐらいの速さ出てるならそれで十分なんだよな。3日10Gってのもそう超えることは無いと思う。

こちらは利用するのに先にレグルスという運営元への会員登録が必要になるが、
スマホの購入やレンタル登録で必要な身分証明書の提出もここで行う流れになる。
使える物が免許証・パスポート・マイナンバーカード(通知カード×)のみになっているが、
マイナンバーカードは表面のみで番号載っている裏面はアップロードしなくても登録出来る。
(ここで登録ためらう人も多いので、番号渡す必要は無いとだけ書いておきます)

画像形式はなるべくJPG(文字が見える程度にサイズ小さく出来るならPNGでも)、
スマホなら写真編集アプリなど使って1M以下(縮小は片面なるべく1500px以下)に収めてからのアップロード推奨。
他のプロバイダーやレンタルサービスでも証明画像求められたらこれぐらいのサイズで提供をオススメしたいです。

申し込んで届いた本体はw05ホワイトで、レンタルだからかやや使用感あったものの状態は良いほうだった。
USB接続の電源アダプター(買い取り300円/持っていれば不要)注文したらコンパクトで邪魔にならないのが届いた。
SIMは本体に入っていてPCやスマホからWi-Fiの設定すればすぐに使えた。
欠点は(新品でないからなお)バッテリーの保ちが悪く本体の仕様上交換も出来ない点か。
WiMAXの方はこれのおかげで保証プレミアムの恩恵が少なく入るのを止めた。

しかし評判通りWiMAXは屋内でも圏外になるぐらいには回線が不安定なので、
検索して出てくるアルミボウルアンテナを手持ちでやってみたらそこそこ安定するように。
昔PSPのワンセグ受信でやってたような事を今時のWiMAXでするとは思わなかったわ。

PC接続がメインで有線使用したい場合はこちらのクレードルが必要になってくる。

UQコミュニケーションズ Speed Wi-Fi NEXT W05専用クレードル HWD36PUU


[[12/20追記]]

数日使ってみた感想は、アンテナ対策したら特別速くは無いものの比較的安定した通信を保ってくれるので
ADSLよりはずっと快適に感じる。冬場で受信しやすいのか途切れる事もあまり無い。
(確認出来ている分では、通常下り3〜5M、速い時で下り20〜30M。上りは仕様から全体的に低めで1M超える事は稀)

新品でないレンタルルータのバッテリーが保ちが悪く完全に切れると繋ぎ直しても20分ぐらい待たされるため、
出社中か長時間の外出以外はほぼ電源付けっぱなしになっている。

契約してすぐにソフトバンクの通信サービス全般で大規模な通信障害を起こし、
それ以後FujiWifiのLTEも不安定になっている話を聞くから4GLTEとWiMAXとで迷っていた時に
微妙に高くなってもWiMAX選択したのは良い判断だったのかと感じてしまった。

ただWiMAXのほうがまとまったレンタル受付は今の募集が最後になるかもしれない公式発表があり(もう締め切り直前?)、
FujiWifiでどちらにするか迷っている人は早く決める事をオススメしたい。

posted by ナッチェ at 04:04| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする