2018年04月12日

手挽きの豆コーヒー

使っていた電気式のコーヒーメーカーが故障して以後コーヒーは手軽なスティック型やカフェインレスを買っていたものの、
久しぶりに自分で挽いたコーヒー豆を煎れたいと思い主に通販で一式揃えてみた。
買ったのは手挽きミル、細口ポット、コーヒードリッパーと専用フィルター(1杯用前提)。

E-PRANCE 手挽きコーヒーミル ブラシ付き
E-PRANCE 手挽きコーヒーミル セラミック ステンレス コーヒーミル手動 ブラシ付き

Lautechco 細口ポット ステンレス製 (250ml, 黒)
Lautechco キッチン用品 コーヒー ドリップ ポット 細口ポット ステンレス製 (250ml, 黒)

HARIO (ハリオ) コーヒードリッパー 1~2杯用 VD-01T
HARIO (ハリオ) V60 01  透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用  VD-01T

HARIO (ハリオ)ペーパーフィルター 1~2杯用 100枚入り みさらし VCF-01-100M
HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 01M 1~2杯用 100枚入り みさらし VCF-01-100M

アウトドア向けの筒型ミルは初めて使ったが、挽いてみたら粗すぎなく十分な挽き具合だった。
形が複雑じゃないから掃除が楽なのも良い。
コーヒードリッパーも昔からある穴が小さいのしか使わなかったからハリオのように大きい穴が空いてるのは初めて。
店頭なら東急ハンズのような雑貨店か手動ミルも扱う大型スーパーへ行けばあるはず。

細口ポットへ80〜90度のお湯を入れ、始め少量注いであとはフィルタの紙へお湯が当たらないようド真ん中へ注ぎ
必要な量注いだらすぐドリッパーを容器から外してしまえば家でのドリップコーヒーにありがちなえぐみを抑えて飲みやすいコーヒーが煎れられる。
細口ポットのおかげで今まであったようなアクが出ず飲みやすくなった。

TV番組や他サイトでも言われているが、煎れてる途中で周りに散らばったコーヒーの粉をお湯で注ぎながら真ん中へ寄せていく行為や
出しきろうとドリッパー(カップへ直接セットするレギュラーコーヒーも)をカップへ長く置いたままにするのはえぐみが出やすいからオススメできない。

細口ポットはこちらも安いのに大容量で機能も良くオススメしたい。

和平フレイズ コーヒー ドリップポット 1.0L ステンレス 日本製 IH対応 カンパーナ CR-8877
和平フレイズ コーヒー ドリップポット 1.0L ステンレス 日本製 IH対応 カンパーナ CR-8877

豆と味付けはこちら。豆は安価だが味のバランスが良い。
パウダーは店頭でくれる試飲コーヒーに入ってる物と同じ。砂糖無しのクリーミングパウダーとも大袋とスティックの分包がある。

【焙煎珈琲】マイルドカルディ/200g
【焙煎珈琲】マイルドカルディ/200g

カルディオリジナル クリーミーシュガーパウダー スティック (10g×10本)
カルディオリジナル クリーミーシュガーパウダー スティック (10g×10本)



posted by ナッチェ at 11:42| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。