2011年08月17日

忙しい時の膀胱炎対策

病院へ行く時間の無かった時に限って膀胱炎を患ったので自力でいろいろ試した品とか。

■市販薬:
[メール便で送料80円]小林製薬ボーコレン 48錠入(成人4日分) [第2類医薬品]



麻耶堂製薬の腎仙散12包【第2類医薬品】


ボーコレン→腎仙散の順で飲んだのだがこれが返って回復を遅らせてしまった。治りかけ→またくすぶった段階で腎仙散飲んで中に固まっていた血液を排出、2日目でほぼ痛みも取れたから最初からこちらを飲んでおくべきだった。普段ならない人で急性の場合はボーコレンも効くと思うが漢方は体質でかなり左右されるから一概には言えない。ボーコレンは錠剤、腎仙散は粉末で漢方薬独特の苦さがある。腎仙散は通常の取説に対処方法などが書かれた紙が一緒に入っていて大変解りやすい。

■お茶系:
オリヒロ 徳用グァバ茶 60包


丹波黒100%濃く出る黒豆茶 6g*26包


グァバ茶は血糖値対策の頃から飲んでいる物を。軽く利尿作用があり、口に合えば美味い。黒豆茶の方が腎臓には良いと言われているので、暑い時期でも冷えた飲み物を控えざるを得ない治療期間中はこちらを主に飲んでいた。お茶にした後食べられる点で乾燥豆から作る手法もあり。(大豆アレルギーの人はドクダミ、コーン茶等のブレンドされて無いノンカフェイン茶をオススメします)

膀胱炎になってしまった間は特に内蔵が冷えるのを避ける必要がある(刺激物や飲酒は厳禁)。激痛や発熱で病院へ行く場合は泌尿器科・泌尿器科のある総合・生理中後や婦人病が原因でなる場合は尿漏れも診察出来る婦人科へ。
ラベル:市販薬
posted by ナッチェ at 02:37| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

この夏買った物

お盆も終わりまだまだ暑い日が続く中、一番暑いシーズン役に立った物などを。


■シャワー用:
バスクリンクールシャワーシークヮーサーの香り
バスクリンクールシャワーシークヮーサーの香り

アイスノン シャワーフィニッシュ 250ml
アイスノン シャワーフィニッシュ 250ml

アイスノンはバブシャワーのOEM品。強さ的にはペンギンぐらいで、こちらは家族で使用している。バスクリンのジェルはパウダー無しであっさりめだが、塗ってしばらくおいた時のヒンヤリ感がアイスノンやバブシャワーよりも上かもしれない(体質による)


■ハッカ系:
ハッカ油P 20ml
ハッカ油P 20ml

熱中ガードアイスノン ひんやりシャツミスト 100ml


シャツクール 男性用(100mL)


ハッカ油は生ゴミやトイレの消臭に使えば1年中使用出来る。スポイトで少し取ってスプレー容器に入れ水で薄めれば(水道水で良い)肌に吹き付けた時スースーするのでほてり軽減にもなる。

布用の消臭スプレーはアイスノン→シャツクールの順で購入。女性用と別れているだけあり強さはシャツクール(男性用)の方が上。シャツクールはノズルスプレーで吹き付けやすいがとにかく減りが早いので、値段的にもアイスノンの方がコスパは良い。
posted by ナッチェ at 02:45| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

HFS+・NTFSへの読み書きその後

有償無償版と試用してきたParagon HFS+は結局こうなった。

・Win側(XP/SP3):Paragon HFS+ for Windows 9.0英語版を購入(クーポン使用)

・Mac側(OS10.6.7):SL-NTFSというフリーウェア使用


日本語で楽に使いたい場合は1つ前の記事にある日本版のセット購入をおすすめするが、価格面では英語版を単品購入した方が現在の円高事情も合わせて格段に安く済む。(クーポンは適当に検索すればあるので探してください)英語版はクーポンだけでも十分安いが、ごく稀に無償配布や大幅割引してる事もある様なので待てる人はそういうのをチェックしてもいいかと思います。

英語版のインストールは日本語版と同じで指示通りに入れて再起動すれば終了。もし上手くMacのボリュームが認識できて無い(濁点と半濁点が化けてる)場合はWindowsの再起動、外付けの場合電源切って入れ直す、又はコントロールパネル(プログラムの追加と削除)から「変更」で修復したりすると再度HDDが読み直される。現時点ではMac側で管理してるiTunesや購入した楽曲も余裕で聴ける。容量の大きい外付けHDDのボリュームを1つのフォーマット(こちらの場合はMac形式)でバックアップ出来る様になった事は大きい。


SL-NTFSはSnowLeopardのOSにある隠し機能を使う事でNTFSへの読み書き両方が可能になる。インストール後はシステム環境設定のSL-NTFS項目からBootCampボリュームの「Write Permission」にチェックを入れて書き込む事が出来た。

ソフトが無くてもターミナルからのコマンド入力で対応させる方法もあるが、視覚的に解りやすいこちらの環境設定ツールを使用している。この手の機能は多少のリスクを伴うので、OSのアップグレードなどシステムに大きな変更を加える場合は面倒でも事前に削除する事を推奨します。

【参考】
Snow LeopardでNTFSのドライブを読み書きする「SL-NTFS」- MOONGIFT
posted by ナッチェ at 03:53| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする