2011年02月04日

つまようじ

歯並びが悪い所為もあってか、100均で買った爪楊枝がやたらと溜まっているので少し紹介。

キャンドゥ:
ハッカのフレーバーが好きで買った物。日本製、キシリトール入り
110203youji1.jpg


セリア:
長めの透明袋入りで携帯にも便利。ハッカは上の物より控えめ
110203youji2.jpg


日本では輸入雑貨で見付からなければフレーバーの入った楊枝が中々手に入らないのでこういうのが売られていると嬉しい。どちらも使った後は口がサッパリする。

ダイソー:
楊枝を1本ずつ出す穴が付いているタイプ。200本×2入。穴は後で開ける形だが、ギチギチに詰まってる時は出て来ないので少し減らしてからの方が良い。楊枝は先があまり尖って無いので調理ならともかく歯の掃除には使い辛い。というか最近の爪楊枝どれも先が太くなってきてないか?
110203youji3.jpg


韓国にあるタイプのでんぷん楊枝。原材料はサツマイモ、トウモロコシ等。先が細くて使いやすいが最近は置いてある店を見ない
110203youji4.jpg


100円では無いがティーツリーやシナモンの風味が買える店もある。
香りつき爪楊枝

posted by ナッチェ at 00:00| イマドキの100均 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ボノボン

キャンドゥで売られていたやおきんのアルゼンチン製大玉チョコレート菓子。やおきんと言えばうまい棒。そんな駄菓子メーカーの大手は外国菓子の委託販売もやっていた。やおきんは扱っている商品の幅が広く、ダイソーでも2個105円でクラッシュプレッチェルとか大人向けの菓子を置いてあったりする。
110203_bonobon1.jpg

1玉のサイズがピンポン玉近い大きさで重量感がある。白クリームと2種類あるらしいが店で見たのは黒チョコのみ。キャンディの包みに見えるが実は端が接着されてる個別包装。
110203_bonobon2.jpg

味の方は外側がチョコ掛けウエハース、中のチョコがエアインとプラリネを足した様な感じで層が出来ており、輸入菓子にありがちなクドさが無くて食べやすい。日本人の好みにも比較的合いそうな味だと思った。メーカーがやおきんなら駄菓子屋にバラで置いてる店あったら喜んで買うわ。

つかそれなりの高級チョコにひけを取らない味してるからバラして綺麗にラッピングしたらバレンタインでも使えそうなんだが……これ105均にあるのはお得だと思う。自分が買える所ではボリュームのせいか売れてるせいか今は棚2列で売られてる。

参考:ボノボンチョコレート やおきん
タグ:キャンドゥ
posted by ナッチェ at 00:39| イマドキの100均 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

縦書きに向いたMac用ワープロソフト(10.6)

10.6になってそろそろ古いソフトの動作が怪しくなっているが、自分はよく縦書きを使うのでまともに利用出来るワープロソフトなんぞの類いをとりあえずメモ。

現時点で縦書き出来るやつ(比較的有名なの)
MS Word
MarinerWrite
iText Express(フリーのエディタ)
Tate(フリーの縦専用エディタ)

あと文書専用じゃ無いけど
Adobe InDesign
Adobe Illustrator
QuarkXPress

MSWordは環境によって必要な人は多いと思う。しかし起動(2011の場合Intelなら若干改善されてる)とテキスト量が多くなると途端に重くなる。AppleWorks、EGWord等はもう発売されてないので細かい説明は省略。あと縦書き環境の中で、縦文字入力で半角文字が横向きになってしまうのを修正したりする組文字(縦中横)が使えるのは下3つの組版向けソフトとMSWord、AppleWorks、MarinerWrite。ルビ振りまで求めると組版かWordに絞られる。特殊だがComicStudio等セルシス製ソフトもテキストの縦中横、ルビ振り等が使える。

フリーウェアでは細かい設定が出来る程のソフトは無いものの、iTextExpressは表示のみ縦にでき、Tateは傍点、ルビ振り可能(読み書きはRTF)。昔はたまづさとかOrgaiとか小説向けのソフトもあったのに今この手のソフトがほとんど無くなって残念な気がする。

MarinerWriteは国外販売なので日本ではマイナーな扱いだが、最初から日本語使えて和文ヘルプもあるしWordより軽いし組文字まで使えて定価でも50ドル程で済むから気軽に使いたい人にはオススメしておく。難点はフォント選択などが若干不安定な事(自分の環境では普通に使えているが)。

MarinerWriteからの縦書きは書式→書類レイアウト、縦中横は書式→書式設定「組み文字」(文字選択後、コマンド+Kで使える)。
110202mw.gif


横書きしか使えなくていいからフリーのワープロソフトが……って人はBeanがシンプルかつサクッと使えて良いと思う。英語版だが日本語入力がまあまあ安定していて起動も激速なので、純正Pagesの重さに匙を投げたくなった人にもオススメ。フルスクリーン入力も出来たりする。

MSはHOMEバージョンが随分安くなった。昔のバラ売りより安いって何だ。
ビジネスならOutlookが付くが今の時代無くてもそんなに支障は無いかもしれない。
Microsoft Office2011
B004478ON0


インデザインも実はイラレとほぼ同じ価格にまで下がっている。昔はこれ1つがパック並の値段だったのに……
Adobe InDesign CS5 Macintosh版
B003F783AO


ComicStudioは3種ある中ではProをオススメしたい。Debutではすぐに機能面で不便さを感じてくると思う。EXは3Dもガッツリ扱いたい人向け。
ComicStudioPro 4.0 for Mac OS X版
B001F0J3DE

posted by ナッチェ at 10:07| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

MacAppStoreと10.6.6

記事書く暇が無い合間に10.6.6とMacAppStoreが出て「SketchBookExpress」なんかが無料配布にしては機能が良くて人気ソフトの地位を確立しつつあるが、自分はしばらく様子見る事にした。MacAppStore自体がまだまだ開発中って感じでいろいろと不便なんですもの。元々10.7用の機能だから10.6で使ってる内はあまり期待していないが、とりあえず10.6.6のバグ潰しはして欲しい。起動後の不具合を減らす為にもアップデータは極力コンボで入れて、再起動したら一旦フリーのメンテナンスソフトなどを使用してまた再起動する事をオススメする。

10.6.6を入れるとMacAppStoreアイコンがDockに現れるが、本体はアプリケーションに入っているから要らなければDockから外してしまって問題無い。幾つか無料のソフトを確認用にDLしてみたものの、アプリケーションフォルダから移動させて動くのと動かないのがあるな。SketchBookはどうやら駄目らしい。それとこれ、本体からアプリ消したらその後の認証やら再DLはどうなるんだ?この辺がまだよく解らん。あまり使わなさそうなのは消さずに別のフォルダへ隔離させているが。

SketchBookの有償版はお試し価格からPhotoshopのエレメンツに近い価格に戻ってしまったが、写真加工編集ソフトの「Pixelmator」は現在3500円で2xへの無償upライセンスが付くので、試用して気に入ったら今の内に買って損は無いと思う。今までショップやバンドルで購入した1xのライセンスは引き継がれないらしいから2xにup検討してるユーザーはよく確認した方がいいかも。自分はバンドルで買った側だがたまにしか起動しないからアップグレードは見送るかもしれない。フィルタが充実してて起動一瞬なのは有難いんだけども。

それと2を入れて10.6以後もそのままXPが起動出来ていたので放置していたBootCampを3へ引き上げてみた。ユーティリティから起動出来るドライバソフトなどを新規でCDに焼き直す必要は無く、XPを再起動後snow leopardのDVD-RをXPで直接起動させる事でBootCampのドライバインストール画面が出てくる。あとはボタン押してインストール後再起動。

最初が若干不安定だったが(安定感は10.5に入ってる2の方が上)、3で一番感動したのはGUIDパーティション(IntelMac用)の外付けHDDが読み込み出来る様になったという点。書き込みは出来ないが、Macで使っているボリュームから書類などを引き込んでくる事が可能になった。Windows側からだとファイル名の濁点と半濁点が文字化けしていたので(Vista以降は解らん)、書類を持ってきた後に名前を修正しておくと普通に書き込み可能なファイルとして開く事が出来た。書き込みも出来るMacDriveの購入を検討していたんだけど……………

これを使って多少設定を弄るとiTunesも両方のOSで聴く事が出来る様になる。
MacDrive 8 日本語版
B002L096S4
posted by ナッチェ at 06:54| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする