2010年11月20日

MacのPIM事情

OSXで使い勝手の良いカレンダー(月間での予定表が主な用途)を探してたら結局Googleカレンダーに落ち着いたというオチ。iCalは入力がイマイチだしオープンソースは重くてバグが気になる。アントr……ううん、何でも無い。オンラインのならとりあえず他のPCだけで無く携帯からでも確認出来るからもうこっちでいいやと。

過去にPIM-faceというスキン切り替え出来るスケジュールソフトが好きだったが、大昔に配布終了して似た様なソフトがいまだに見付からない。OS9に加えWindows版もDLしていたのでXPでは今も動いている。スキンの互換が無かったからWin用のもっと落としときゃ良かった……でもWinはEssentialPIMの方が遥かに機能が良くて使い易いんだな。ノートもアウトラインでガリガリ書き込めるしぶっちゃけソフトとして使うならあれのMac版が欲しいぐらいだ。

Todoはcheckmarkerというウイジェットを仕事で使用している。
OmniOutlinerやMacHeistでパック買いしたTaskPaperもあるんだけどTodoだけでいちいちソフト起動するのめんどい。Omniはよく進行表として使うがTodoは一言しか書かないので。TaskPaperはアウトライナー的にTodoへ長文足したりiPadやiPhone持っていてモバイル同期までさせたいなら良いソフトだと思う。(1xのライセンスで2xに引き上げられたのは驚いた)


当時のMacHeistパックで今でもよく使い込んでるのは1PasswordCSSEditぐらいだわ。CSSEditはHTMLやブログのテーマ弄るのに便利で手放せない。Coda使ったら要らんかもしれんけど。SpeedDownloadSnapzProXもズルズル使ってるがここら辺は既に動作の軽いフリーウェアで事足りちゃってるのが……(代替ソフトはCocoaWgetSnapNDrag)
posted by ナッチェ at 00:35| mac+win | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする